スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PS3】BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT レビュー

ゲーム内容については、以前の記事で少し触れているのでそちらで。

※PS3版を購入しての感想です


~良い点~

●ストーリー

格闘ゲームにおいて、ストーリーはあまり重視される傾向にないですが、このゲームは力が入ってます。
ノベルゲームのようなスタイルで、間に格ゲーを挟む感じ。
内容も前作より面白くて、苦もなくTRUE ENDを含め、 全ストーリーをコンプリート出来ました。

内容は前作の続きにはなっているが、おさらいもあるので、今作からでも問題ないかも。

ギャグパートもあるが、これは万人が面白いと感じる内容ではないと思う。
個人的に面白いと感じたものもあったが。

●前作既存キャラの調整・新規キャラの追加

前作から居るキャラは調整により強化・もしくは弱化している。
新しくツバキ・ハザマ・Λ(ラムダ)・μ(ミュー)が追加されており、
今後の追加DLCで8月上旬?にマコト、後々には他にも2名?程の追加キャラ配信が予定されている様子。

基本的にどのキャラでも無理ゲーというほどのバランスではないが、厳しい組み合わせは存在するようです。
やはり、少しアンバランスなくらいが、格ゲーとして面白いと個人的に思います。

私は前作からライチを使用しており、今作では強化されたキャラになるが、それでも勝率は微妙。
新キャラのツバキは火力が低く、インストールゲージ(ツバキ専用)の溜まりも遅めで弱キャラ扱いされていますが、強い人は強いです。(ライチを使用して負けました)
やはり使い手次第か。

●グラフィック

2D格闘ゲームとしては、最先端のグラフィックだと思いますし、前作から引き続き素晴らしいと思います。
選択出来るカラーも豊富で、DLCにカラー追加のコンテンツも用意されています。

前作では追加カラーも購入しましたが、今作ではまだどうしようか悩み中。

●チャレンジモード

他のゲームではミッションモードという名で存在したりするもの。
指定通りにコンボを決めることで、クリアとなります。
サンプル(見本)再生をすることも出来て、これでコンボの練習にもなるでしょう。

ただ、悪い点もあるので、それは後述します。

●ネットワークモード

前作からある要素ですが、これが個人的に肝。
特別料金がかかることもなく、いくらでも全国の誰かと対戦できます。
マッチングするまでの待ち時間にアーケードやトレーニングモードをプレイ可能になったのは良い。
これで次回作発売までずっとプレイ出来るかも?

ただ、悪い点もあるので、それは後述します。



~悪い点~

●チャレンジモードのコンボ

良い点にも挙げましたが、こんなコンボ実践では使えないor役に立たないだろう・・・というコンボもあるように感じました。
しかもキャラによっては、やたらと難易度が高いものだったり・・・。
キャラ毎のコンボの難易度差は、仕方ないと思いますけどね。

あと、相手がバング固定なので、変更できるようにして欲しい。(そうするとキャラ限定コンボは排除されてしまうが・・・)

●ネットワーク対戦のマッチング

良い点にも挙げたネットワークモードですが、現時点ではマッチングに結構な時間を要することが多いです。
前作の方がマッチングはスムーズでした。
ただし、今作ではアーケードorトレーニング待ちが出来るので、それをやりながら待ってね♪ってことなんだろうか。
私はトレーニング待ちでマッチングするようにしていますが、それであれば気になりませんでした。

アップデートで対策されることに期待。

これはゲーム内容とは別ですが、個人的不満として、ネットワーク対戦での使用キャラにラグナが非常に多いこと。
お手軽コンボで高火力、何より主人公なので仕方の無いことなのですが、ラグナばかりと遭遇すると流石に萎えるというものです。

~総評~

前作から改善・追加された要素が多く、その中でもチュートリアルモードで基本を押さえて、チャレンジモードでコンボの練習が出来たりと、開口は広くなったと思います。
ただ、コンボゲーと言われている通り、全くの格ゲー初心者には厳しいものがあるかと。
使用するキャラにもよりますが、出来ないコンボは何時間、何日も練習し続ける努力が必要かも。

また、レギオンモードという追加要素もあるのですが、私がまだ触っていないため、評価に含めていません。
シミュレーション要素があるようなのですが、どうなんでしょうね。

格闘ゲームではありがちですが、ストーリーは完結していません。(完結しちゃうと次回作が作り辛いですしね)
ただ、格闘ゲームでのストーリーはおまけという考えが蔓延している中、このボリュームは凄いと思います。

オフでストーリーを楽しんだり、コンボ練習や身内で対戦
オンで全国のプレイヤーと対戦
というやり方が主になってくるのではないかと思うので、オンライン環境が無く、リアルで対戦する環境も無いと
いう人以外は、2D格闘好きであれば文句無く勧められる出来だと思います。

今後のアップデートも予定されているようですし、長く遊べるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : BLAZBLUE
ジャンル : ゲーム

FF13レビュー

以前、某サイトにて掲載したFF13のレビューを載せておきます。

参考になれば幸いですが、些細なネタバレ(特にシステム面)が嫌な方は見ないことをお勧めします。
(ストーリーのネタバレは配慮してあります。)

------------------------------------------------------------
●ストーリー

~良い点~
・前作12とは違って、メインキャラ全員に一緒に冒険する理由付けがプレイヤーが納得出来る形でされていると思う。それぞれの悩みや葛藤をきちんと描いている点は◎
・高度な文明で過ごしてきた箱庭(コクーン)と、非常に広大なアウトフィールド(グラン=パルス)との対比に◎

~悪い点~
・後半までMAPを含めたストーリーが完全な一本道なのは×(そこまでサブイベントすらない。はず)
・上記に伴い、頻繁にPTメンバーが入れ替わり、自由にPT編成が出来ない。これらがRPG:レールプレイングゲームと皮肉を言われる原因と思われる。
・クリアしてもストーリーの消化不足を感じた。

●グラフィック

~良い点~
・言わずもがな、現時点でトップクラスのグラフィック。高度文明の機械的な表現も素晴らしいが、11章から広がるある種原始的な世界の表現には素直に感動した。

~悪い点~
・戦闘時のカメラワークくらい。ダメージ数値が頻繁に飛び交う本作の戦闘において、たまに戦況が把握出来なくなるのはなんとかならないものか。

●戦闘&システム

~良い点~
・○ボタン連打にならないよう工夫されたバランスと、オプティマシステムは◎
※オプティマとは、予め自分で登録した各種作戦を、戦況に合わせてリアルタイムで変更していくシステム。ドラクエ風に言うと、最初は敵を弱らせよう!「いろいろやろうぜ」→味方がピンチ!「いのちをだいじに」→回復完了、総攻撃!「ガンガンいこうぜ」 って感じでしょうか。
自分で操作出来るのはリーダーのみで、その作戦内でのロール(役割)によって選択出来るコマンドが異なる。
・戦闘難易度は高めで、一部の敵には何度も全滅させられた。ただし、救済措置としてリスタート機能があり、戦闘中でも全滅後でも、リスタートすることで、戦闘前に戻ることが出来る。リスタートによるペナルティはない。
・操作性は非常に快適。ロード時間もほぼなし。インターフェイスも丁寧に設計されている。ムービーや召喚獣の演出もスキップ可能と至れり尽くせり。

~悪い点~
・リスタート機能は人によっては"緊張感が無くなる"という意味で悪い点になるかも。
・個人的にMP廃止は痛かった。今回の戦闘では、ATBゲージにLVが設けられており、各種アビリティ及び魔法は、そのゲージを消費する。例)ファイア→ゲージ1つ消費。ファイラ→ゲージ2つ消費。ファイガ→ゲージ3つ消費等。
・クリスタリウム。戦闘により得られるCPを消費して、パラメータの成長及びアビリティの取得を行うシステム。これだけ聞くと良いと思えるかもしれないが、パラメータには3種類(HP、物理、魔法)しかなく、ルート固定。制限プレイをしようにも難しい仕様だと思います(パラメータ初期値でアビリティのみ取得とか出来ない)。
どのロールを強化するか順番が違うだけで、強化を終えると結局は同じステータスになります。(誰がプレイしても変わらないという意味です)

●総評

ストーリーにおける分かり難い用語や独自の戦闘システムに、ライトユーザー層を取り込めるかはちょっと疑問符が付く。ただ、あらすじやTipsで補完&復習は可能。

戦闘の難易度が高く、ちゃんと戦況を考えながら行動を決定しなければならないのが、個人的に楽しく、マンネリ解消に繋がっていたと思う。

一本道と言われてる点については、その通り。ただ、一本道の部分は丁寧に作られているし、11章からいきなり世界を広げるという見せ方はある意味上手いと思った。だがしかし、11章に辿り着くまでの道程は長い・・・。

音楽は、サガフロンティア2等を担当していた濱渦さんが起用されています。幻想的で世界観に合っていると思います。個人的に大好きです。

やり込み要素としては、クリア後のクリスタリウム解放やミッションのコンプリート、武器改造、チョコボでアイテム探索、強力な敵との戦闘等ありますが、キャラの育成に自由度が無いためか、そこまでの気力は湧きませんでした。

ストーリー然り、クリスタリウム然り、色んな意味で一本道なゲームです。
------------------------------------------------------------

色々言ってますが、やり込む気になれないシステムだっただけで、FF13自体は嫌いじゃないです。

テーマ : レビュー・感想
ジャンル : ゲーム

プロフィール

Author:kalus23
PS3ID:kalus23
読み:カゥス(RPG中毒者)

※コメント頂いた際は、基本的に当該記事内にて返信致します。

[pixiv]
投稿した過去の遺産(ドット絵)

―ツイッターやってます―
気軽にフォローして下さい

My tweet
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FF14 マイキャラクター
FFXIV PROF
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
リンクフリーです。相互リンクも気軽にお声掛け下さい。
リンクの際は、一言でもメッセージ等頂けると嬉しいです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。